システムの普及

都会ではすでに普及しはじめているシェアリングシステム

カーシェアリングシステムシステムは都心部を中心として徐々に普及し始めています。駐車場価格が高く、日ごろそれほど利用しないユーザーが個々にクルマを章雄することから1台のクルマをシェアして利用していくというのがシェアリングシステムの基本コンセプトです。こうした共用利用によって利用コストは驚くほど低減することとなり、ベーシックな部分でエコとなる考え方なのです。特に都心部では駐車スペースも限られますから利用者がこのような形でシェアリングシステムによるクルマの共有をはかることは非常に有益なものとなることは間違いありません。利用したいときだけちょっと利用してシェアしていくことはコストも限定的でかなりお得なのです。

駐車場の事業者が参入したことで一気に市場が広がる

都心部では大手の駐車場事業者がいち早くかーシェアリングシステムを導入したことで、急激に利用者が広がっています。特に都会の各所にある有料駐車場にクルマを配置しているため、かなり使いやすくなっており、利用者は急激に増えつつあります。またマンションの空き駐車場スペースを利用してシェアリングシステムのクルマを設置する事業者もではじめており、今後数年でさらにこの事業は大きく躍進していくことが期待されています。いまやモノは所有する時代から借りてうまく利用する時代に変化しつつあるのです。まさに生活におけるクラウドサービス的な意味を持っているのがこのシェアリングシステムということができます。今後は地方都市でもこうした動きが波及するものと考えられます。